火災保険を見直しませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ火災保険が必要?

皆さま火災保険に加入していますか?

火事は隣家の出火などによるもらい火であっても、失火責任法という法律があり、重過失が無い場合は全額自己負担であるこ
万が一の備えが必要ですね。

実は火災だけでは無い?

火災保険は、どんな時に使える保険なのかご存じでしょうか。あまり良く知られていないと思いますので、弊社が主に扱う損保ジャパンの火災保険を例にご説明させていただきます。

火災保険は、うっかり火事や、隣家の出火などによるもらい火による火災だけではなく、暴風、積雪、雹、落雷、水害などの災害、さらには、盗難や漏水などの被害の際にも利用できます。

また、地震に対しても、特約などに加入している場合は、補償される場合があります。地震の補償は契約内容によりますので、保険代理店や保険会社にお問い合わせ下さい。
現在、弊社が主に扱う損保ジャパンの火災保険では、地震保険は以前の様に特約では無く、原則セットで契約に付いていて、あえて希望する場合は外せるようになりました。

火災保険は、自動車保険等とは違い、保険金請求をしても個々の保険金が高くなる事はありません。全体の保険料支払の増減で保険金が変更されていくだけの仕組みです。つまり、加入しているならば、知らずに使わなければもったいない保険です。保険内容を確認して有効活用しましょう。

火災保険を見直しませんか?

近年、地震や水害、大きな台風などの自然災害が多く、近年火災保険の保険料は値上がり傾向にあります。また、割引きになる長期契約も期間が短縮傾向になってきています。
つまり、現在入っている保険の内容を見直し、しっかりとした補償を長期で割安に入れる最後の機会が迫ってきています。あらたに長期契約にする事で、保険料を抑えられる場合もございますので、是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です